白髪と剛毛の悩み解消方法!

 剛毛の髪質と気になる白髪のM様、ヴィンセンスご利用歴25年以上。ベリーショートから始まりロングヘアまでいろんな髪型を経験 7年前からショートボブに落ち着き現在に至る。白髪も多く白髪染めも欠かせません。昔はヘアダイ(酸化染料)でしたが、20年前から安心ヘアカラーで、髪へのダメージの心配が無くなりました

IshikuraCut-Tatebayashi

現在の髪型(石倉カットに安心ヘアカラー)

 上画像3点は、現在の仕上がりの髪型です。念願のロングヘア歴5年が経ち近年短くバッサリイメチェンしました! 収まりの良い落ち着く髪型はやはりショートボブとなります。上画像ではワンレングスボブに見えると思いますが、独自開発の石倉カットは違います! 今流行のウェートの下がったボブラインの場合は、普通毛にワンレングスカット(ぶつ切り)でokですが、剛毛+多すぎる毛量髪質の場合は、重々し金太郎ヘアに仕上がってしまいます! 同じカット技術でも、髪質の違いでまるで別物の髪形の仕上がります。難易度高めの髪質には、従来のカット技術で、上画像の様に仕上げるのは困難です! 石倉カットでのみ可能になると思います。下画像参照

 上拡大画像は下アングルからの撮影です。・・・シャープで自然なカットラインは、石倉カットでのみ可能になります!

6年前の髪型(石倉カット施術に、安心ヘアカラー)

 上画像3点は、仕上がりの髪型です。髪を伸ばし始めたから3年程経ち、念願のセミロングを達成!・・・多すぎる毛量を減らしながら伸ばしているので、年数は要しました。

1996年の髪型(石倉カット施術に、ヘアダイで白髪染め)

 上画像3点は、1996年の仕上がりの髪型です。石倉カットに、ヘアダイで白髪染めです。ベリーショート歴10年以上です。髪を伸ばすと傷むためらしいです。又、毛量も多いのでロングヘアは諦めていました。

 当時は、デジカメも普及してなかったので、画像に残すのは大変でした! 1996年の画像は、スタジオ撮影用の据え置きタイプのデジタル記録装置使用です。フロッピーディスクに記録していました。今では想像も出来ない20万画素!

当HP掲載のお客様全画像はプライバシー保護処理済み

p1330375edited2

 上画像2点は、初回ご来店時〜仕上がりの髪型です。【技術メニュー】石倉カットに、+α技術の安心ヘアカラー

 前下がりのラインで、気になる顎のラインをシャープに見せる事も出来ます!・・・丸顔もカバー出来ます。

 剛毛でえり足のみつ襟が長い場合でもクリッパー(バリカン)は使用せず!・・・2〜3日するとヒゲ剃り痕みたいでやばい! 石倉カットはえり足の髪を一本一本カットして処理します!

ホーム  当店案内  ishikura cut  お客様の声  プロフィール