くせ毛を生かすカット技術-髪型履歴

Ishikura cut-Omotesando~Tatebayashi

くせ毛、縮毛、剛毛などの髪質〜髪型をカット技術だけで修復”生かす! 縮毛矯正に頼らない感動の石倉カットは、北海道からご来店のR.A様の髪型への概念と人生感まで変わりました!

p1330375edited2

当HP掲載のお客様画像はプライバシー保護処理済み

初回来店時の髪型〜8年後の髪型

初回Before

初回After

7ヶ月後

8年後後

初回は館林サロンにご来店、くせ毛縮毛、強毛流を修復生かしヘアデザインしました。初回の石倉カット施術の所要時間150分。

現在(10年後)R.A様の石倉カット施術の所要時間約70分。

くせ毛を生かすドライカット石倉!

初回来店時の髪型

上画像4点は、初回来店時の髪型。R.A様は、縮毛矯正歴5年で7ヶ月前を最後に見切りを付けました。理由は、縮毛矯正後は毛先がツンツンになり嫌なので今までの美容師さんに相談したら今度は傷まないパーマだからと勧められました。ところがパーマをかけてみたらチリチリになって一層髪が傷んで枝毛や切れ毛も増えてどうにもならない髪型になってしまいました!

仕方がないので、後日傷みきった毛先のカットを頼んだら、今度は短くなり過ぎて最悪の結果です!髪がある程度伸びるまでの何ヶ月間の憂鬱な日々を過ごしていました。

そんなある日、偶然HPを閲覧中に石倉カットを見つけました!そしてくせ毛を生かすカット技術の存在を知ったわけです。

R.A様の髪質と骨格:くせ毛、縮毛、強毛流、乾燥毛、骨格は頭頂部が高く後頭部が扁平に見えます。来店時の髪型は地毛のくせ毛部分と縮毛矯正部が、丁度頭のハチ付近に有って不自然でハチが張って見えます。現在トップの髪が短いため扁平気味の後頭部をカバー出来ないですが、今後トップの髪が伸びてくると後頭部の奥行き感が出せます。

強毛流の襟足

上画像2点は、襟足が強毛流の状態です。お客様が襟足の短いヘアスタイルを希望されるとカット技術難易度は上がります。

又、髪がウェット状態では普段の毛流や髪の厚みなどが正確に把握出来ないので、カット技術の前にしっかりとドライの状態を確認する事が大切です。

初回の石倉カット+シャンプードライ後

上画像4点は、石倉カット直後の髪型です。普段と違う逆分けにして手グシで仕上げました。分け目がいつも同じですとそのパート部分の髪が痩せてきて(毛根に物理的負担が掛かる)薄毛へのリスクが増すため。時々分け目を変えるだけで安心です。

石倉カットのポイントは、トップがまだ短いので長さはそのままにして、質感調整で重い襟足の毛量を減らすと、後頭部の奥行き感が出てきます。くせ毛のウネリに沿ってカットすることも上手く仕上げるコツです!

今までは髪のボリウムを抑えるために、ハンドドライ後にクルクルドライヤーで必死にくせ毛を伸ばして、タイトヘアにする事ばかりの日々から解放され、くせ毛を生かすカット技術にR.A様は、髪型への概念が全く変わり新たな自分発見が出来ました。

再来店3回目(7ヶ月後)

上画像4点は、再来店時(3回目)初回から7ヶ月後の髪型です。今回から表参道サロン(シェアスペース)ご利用になりました。初回に比べ縮毛矯正などのダメージヘアが目立たなくなり、本来のくせ毛天然パーマを生かした髪型になりました。

お髪の手入れもシャンプー後に、ハンドドライヤーでサッと乾かしておしまい簡単です。

上画像4点は、石倉カットにシャンプーハンドドライ後の髪型です。くせ毛のウェーブカールを生かす、ハンドドライのポイントは、ドライヤーの『弱温風の方向は常に髪の根元から毛先方向』に逃します。この時くせ毛のウェーブカールを引っ張らない事がポイントです!ドライヤーと反対の毛束を軽く包み込んだ手は、温風を溜めてウェブカールを残します。

初回来店から6年目

上画像3点は、初回来店から6年後仕上がりの髪型です。最近少しだけ長めにしました。髪に遊びが出来て、女性らしいショートヘアに憧れていたそうです。以前はその遊び部分の髪の毛の処置が難しかったそうですが、ハンドドライにも慣れて上手くこなせる様になりました。顔周りのくせ毛縮毛だけはしっかり伸ばし、バックはくせ毛のウェーブカールを残す様に仕上げました。ハンドドライだけで済むので、以前の面倒に比べたらカンタンだそうです。

初回来店から8年目

上画像3点は、前回来店から4ヶ月後(初回からは8年目)の髪型です。このままでも魅惑の天然パーマ髪型と言えます。

上画像3点は、石倉カット+シャンプードライの仕上です。襟足は短くても空気感のある軽さに仕上げました。前髪は癖を伸ばし気味にハンドブローして、バックはくせ毛のウェーブカール残して仕上げました。

石倉カット  料金・案内  お客様の声  プロフィール