ドライカット革新技術を無影灯で見える化を実現!

 欧米人のソフトな髪質や奥行きある頭の骨格などに比べると、多くの日本人の髪質は硬毛、剛毛に骨格顔立ちも扁平で欧米人の髪型(元々が何をしなくても格好良いと思います)をそのままソックリ取り入れるのは、ムリが有ります。

 日本人の髪質素材別のカット技術を長年探し求めるも納得の技術とサロン環境が存在しない為に、現美容界のカット技術に見切りを付けてから20年以上、試行錯誤と日々のサロン業務から日本人の上手く仕上がらない「くせ毛、剛毛、強い毛流など」を最大限考慮した『ドライカット石倉』を開発!

 ドライカット革新技法2017は、くせ毛も美パーマ風髪型に変換します!剛毛に強い毛流の髪も驚く程にソフトな髪型に変え同時に扁平な骨格も補整する日本発”次世代のカット技術です!又、ヘア技術を補助する日本初の無影灯照明装置”見える化システムが2014年、館林サロンに設置

【ドライカット技法】お客様の普段の髪が乾いている状態で、ヘアカットをするので、髪質状態〜毛流などが把握し易いので、髪型再現性では有利! デメリットとしては、カットの所要時間が1時間以上と手間が掛かる場合が多い! また殆どの日本人の髪質は、ドライカットし難く(メーカー研ぎ立てはドライカット使用不可と注意書有り)、各社ドライカット用のシザーでも満足の切れ味には程遠い(剛毛など)

【ウェットカット技法】シザー使用(日本古来はレザー使用)で欧米(イギリス)から導入のカット技術。カットの直前にシャンプーをすることで、髪の寝グセなどが取れ髪も軟化してカットしやすくなり、髪も傷めにくく手早い作業が可能(10分〜20分程度)で現在も世界中の理美容界主流のヘアカット技術。デメリットは自然な状態の毛流、くせ毛などの髪質状態が把握し難く、髪型再現性で不利! 特にカット難易度が高い髪質(くせ毛、剛毛で強毛流、傷んだ髪など)の場合です。

【ヘアカット用具】シザー(ぶつ切り、チョップカット、スライドカットなどに使用され現理美容界のメインのカット用具)。セニングシザー(削ぎハサミ)・・・刃の形状でそぎ率5%以下〜50%以上と各種有り。クリッパー(バリカン)・・・丸刈り、刈り上げからアートデザインなどにも使用。レザー(カミソリ)・・・日本古来のカット用具で昔は広く使用されていました。

髪型で貴女の人生感まで変わります!

 縮毛矯正に頼らない くせ毛を生かす石倉カットとの出会いが、北海道からご来店のA様に、カット技術への概念と髪型人生まで変えました。

 A様の縮毛矯正歴は5年ほどで、7ヶ月前を最後に見切りを付けました。その理由は毛先がツンツンに不自然に伸び嫌だから。やめるきっかけは、ヴィンセンスの石倉カットに出会う事が出来たからです。

年2〜3回のご来店で、10年程経ちました。以前は自分のくせ毛に悩み、髪型に自信が持てなかったですが、今は地元の周りの人から髪型を褒められるまでになりました。

☆北海道からご来店のA様

 縮毛矯正やめたい貴女に石倉カット!くせ毛、縮毛、剛毛、多過ぎる毛量にお悩みの都内在住のT様、縮毛矯正歴10年以上で、半年前を最後にやめる決心が出来ました。理由は石倉カットの技術を知ったからです。予約の電話をかけるまで実際には、1年程躊躇してました。 今回は、原宿サロンの予約が取れました。現在は館林サロンとなります。

 尚、T様の来店サイクルは5ヶ月〜1年(髪型長持ち)。ヴィンセンスは、今後も難易度の高い髪質(髪型難民)のお客様を積極的に受け入れていきます。

☆都内からご来店のT様

 くせ毛で日々悩み、色んな所でコンプレックスを植え付けられてきた皆さん! そろそろ 私のように、そんな悩みやコンプレックスから解放されてみませんか?

 今ではもう,思い出すのも難しくなってきましたが、私のくせ毛もかなりひどく、ヴィンセンスに来るまでは、常にキッチリしばってまとめ髪にするか、

 ちょっとした寝癖なら、 石倉店長に教わったやり方(水でチョイチョイぬらすだけ。 ドライヤーも使いません)で済んでしまうので, 朝, 髪型にかける時間は、5分ないですね。そして私は、ヴィンセンスの店長から、くせ毛はコンプレックスに感じることではなく、くせ毛を生かすカットにさえ出会えれば、自分の誇れるべき魅力になるんだ!ということを*実践で教えてもらいました

30分以上かけてブローをしなければ、会社へ出勤できない毎日でした(T-T)でも、今は、朝はブラシで1、2回とかすだけ自分でも信じられませんが、ホントです(((^_^;)

☆栃木県からご来店のM様

p1330375edited1

現”美容界のヘアカット技法と道具

日本発”のドライカット革新技術

 カット技術方法と日本人の髪質別型作りから40年の実践結果で濃霧が晴れた様に見えてきた事!例えばロングヘアのお客様が、ショートヘアを希望された時の対応はどうするか?例題としてまず難題となるのは、えり足が剛毛に上向きランダムの強い毛流なのにタイトで短めのえり足を希望されたとします!どうしましょう?えり足重め少し長めのショートボブをすすめますか?それとも2ブロックヘアをすすめますか?それとも他の髪型を説得しますか?結論はどの技術方法のダメかと思います。

 お客様の希望の髪型作りを叶える為にリスクを恐れずにあらゆるカット技法とカット用具を使いわけ、手間を惜しまず悪戦苦闘全身全霊で挑みます!いつか必ず見えてきます!但しその後も一進一退の戦いの日々は続きます!他にも日本人の難題髪質は多いですが、避けずに一つ一つクリアしていく技術探求力とメンタル面も鍛えつつ、他業種同様にITの活用も今後は必要が増します。

毛流が上向き+浮き強
After!

 難しい髪型注文でも逃げない!研究継続とチャレンジでいつか必ずクリヤー出来ます!

カット技術方法と髪質別対応について

Copyright (C) 2002〜2020 Vinsence All Rights Reserved.

*当店ホームページ掲載のお客様全画像はプライバシー保護処理済み

【ヴィンセンス開発のシザー】ドライカット技法などに最適化されたシザー(意匠登録番号1617704号)手首に負担のない人間工学的デザインです。

ブラントカット、チョップカット、ストロークカットなど様々なハサミの構え方に対応、技法毎にシザーを変える面倒がないです。

*受注生産 特注オーダにてご予約注文承ります。

お問合せ✉️ scissor-order@vinsence.com

☆新ホームページSTAR ESPACEを公開しました!

*WEB制作依頼先デザイン会社:Spinach

日本初の無影灯方式を用いた美容師向けSTAR ESPACEとは?

*平成30年度日本商工会議所小規模事業者持続化補助金を活用

髪型難民を救う美容室|群馬県館林市

 店舗外観からは決して想像出来ない美容師向け無影灯の試作機を2014年に構築。業界初の見える化空間は、お客様が普段見ることの無い襟足〜側頭部のカット施術を隈無く確認できるので細かな要望に応えられます!

2003年〜業界初のヘア技術が見える化を実現

1.理美容界はアルコール消毒等は平時から実施。

(美容師法により厳しく義務付け有り)

IMG0932

2.お客様と施術者(手洗い)双方はマスク着用、アルコールにて手指消毒。

3.ご来店前に検温のお願い又は入店前に検温。(石倉自身も毎日検温)

4.当店では従来から薬液臭防止のために店内に複数の換気扇も併用換気。

(密集・密閉はクリアしてますが、仕事柄密接なので私石倉、普段は自宅に篭り

5.当店は、以前から貴女お一人様専用の貸切サロンです。

*新型コロナが1日も早く収束することを願っています。

 外出は極力控えています)

当店ー新型コロナ対策

After!

ホーム  当店案内  ishikura cut  お客様の声  Q&A  プロフィール

髪型難民を救う美容室-美容師歴40年の髪型修復士 石倉たかお

ヴィンセンス開発の様々な構え方に対応の意匠登録シザー

Before

ヴィンセンスの店内

item112

☆平成30年度、(有)ヴィンセンスが経営革新計画を承認!群馬県の産業支援機構、館林市商工会議所、館林市役所経済部産業政策課の各スペシャルメンバーのご尽力のおかげです。計画のテーマ:美容師向け無影灯の販路開拓。 特許出願中!

お問い合わせ info-ic2020@vinsence.com

 所在地:群馬県館林市館林市本町1-5-7

(有)ヴィンセンス 

Instagram(@star.espace

髪型修復士 石倉たかお

 ご予約:TEL 0276−74−1520

 *営業の電話はご遠慮ください。

item65

2018年10月-群馬県よろず支援拠点のコーディネーター古越先生に無影灯の商品化を相談。そのアドバイスを受け、先ずは10分の1のプロトタイプを試作することの提案をいただきました。材料は手に入りやすいホームセンター、100金などで探したらなどなどです。

*当店内で実寸サイズで試作中のほぼ大工仕事。苦労したのは八角系の角度67.5°を正確にカットする事と、それを固定する特注金具の依頼先を見つける事。ただし商品ではないです。

約2ヶ月かけて完成した10分の1プロトタイプ。ちゃんと LED電球が点灯します。実は電球傘は100金で購入の懐中電灯を分解加工した物。美容師以前の職歴の一つ電気技術者が役立つ。

専門のデザイナーに依頼したグラフィック画像。実際の商品とは異なる場合があります。

*受注生産となります。

お問合せ✉️ shadowless-l@vinsence.com

無影灯開発ストーリ